7/2 運行


Warning: Undefined variable $icon in /home/nakagi/nakagi.jp/public_html/wp-content/themes/jstork/library/shortcode.php on line 226

Warning: Undefined variable $icon in /home/nakagi/nakagi.jp/public_html/wp-content/themes/jstork/library/shortcode.php on line 226

天気は快晴です。梅雨明けのカラッとした天気で気持ちが良いです波はなく穏やかな海況になってます。水温23.2℃少しずつ暖かくはなってきていますが26度くらいはほしいとこですね。駐車場はすでにかなりの車がいます。本日車は無料です、飲食店は今日からやってますので。食べ物は持参しなくても大丈夫です。ライフセイバーさんもいますので安心して遊泳できる環境が整っています。よい週末になりそうですね

天気は曇りですが晴れてくると思います、水温23.1℃とまだやや冷たい水温です気温が高いのでウエットなくても行けます。ここ最近波があったのですがオープンを祝ってか静かな海況になりました。干潮は12:39 10cmです。今日もヒリゾ浜は潮が早いです流されないよう注意しましょう。5月から毎日のように準備してきてやっと海開きを迎えました。私の中でオープン前に梅雨明けしてた記憶がありません。まだ蝉の声は小さいですが夏が始まりました。今日から3ヶ月よろしくお願い致します
運行時間は8:30~16:00です 7月の16日から時間が30分早くなります
駐車場が有料になるのは7/16からです。なので今週も来週も駐車場は無料で駐車できますが、交通整理はいませんのでご注意ください

荷物や禁止事項

【タモアミ】
今季から生物保護のためヒリゾ浜ではタモアミが使えませんご協力願います
経緯はこちらのナンヨウハギ持ち出しの記事へ

【荷物について】
ヒリゾ浜では足場が悪いため台車などの使用はご遠慮願っていますご協力願います
特に写真右側の大きいタイプは立ち往生しますので持ってきた場合は港側の乗り場に預けてくださるよう協力ください。移動に時間がかかり他のお客様にも迷惑になりますので係員の指示に従って持っていかないようにお願いいたします

【火器の使用について】
ヒリゾ浜での火器の使用は燃えやすいテントなどが多くありますし風も強く消防などからも注意されるように言われてますので固くお断りいたします、見つけたら注意しますので、監視員の指示に従ってくださるようお願い申し上げます

【サップ・カヤック】地区の取り決めで禁止になってます期間中は船の往来が激しいことや、遊泳者も多いいのでご協力願います

【小型スキューバダイビング用ボンベを使用する危険性】

最近、0.5~1リットルの小型スキューバダイビング用ボンベを持参する方がいます、必要な検査や届出を行うことなく使用する事は法令違反になるだけでなく、ボンベの爆発や破裂などの危険もありますので注意が必要です。

スキューバダイビングに使うボンベは、空気が極めて高い圧力で圧縮されて充填されたもののため、適切な検査に合格したボンベに技術基準を遵守して充填しないと、爆発などの生命に関わる重大な事故を起こしてしまう危険性があるのです。

さらに、水中における身体の変化に対する知識不足による障害の危険性もあります。
スキューバダイビングは適切な知識を学んで遊ぶ分には安全なスポーツですが、スキューバダイビングの知識が無い人が軽率に行うと肺の損傷や減圧症などの潜水病を発症してしまう危険性があるのです。
また小型スキューバダイビング用ボンベは法令違反なものが多くスキューバダイビング用のボンベ(及びバルブ)は、高圧ガス保安協会で適切な水圧検査を行って合格の刻印がされたボンベを使用する必要があります。(日本では5年ごとに検査が必要)
容器の色についても、空気を入れる場合には1/2以上の表面積がグレーである必要があり、黄色や赤などの容器には空気を充てんできない事になっています。
また、一定圧力を超えて空気を充填する行為にも都道府県知事への届出が必要ですので、届出をしていない人がボンベに空気の充填を行う行為も違法行為になります。
小型スキューバダイビング用ボンベとして売られている商品に付随するような、手押し型のポンプによる充填行為も法規制の対象です。
ヒリゾ浜ではこのような小型ボンベの使用はご遠慮願っております。浜で安全のため監視しているライフセイバーから目が届かなくなるうえ、重大な事故に繋がる危険がありますのでスキューバダイビングを楽しむなら、きちんとダイビングスクールで講習を受けてCカードを取得し、地元のダイビンショップで安全に楽しみましょう。

詳しくはこちらの記事へ

感染症対策について
中木区・ヒリゾ浜渡し組合の感染予防の取り組みにご協力ください

ヒリゾ浜では屋外ですのでマスクの着用は求めません熱中症に気をつけてください
列に並ぶ際はグループごとに間隔を確保ししていただきます。また係員も声掛けしますので呼びかけがあった際は従ってください
ヒリゾ浜の乗船チケット購入はグループの代表1名で受付していただき、乗船待ちのなどお客様同士の距離(間隔2m最低1m)を保っていただきます
咳エチケットの徹底(タオル等で口、鼻を覆う)よう声かけします
発熱のある方はご遠慮していただきます
浜辺で食事するときは、食事の前に手を洗い、手指消毒をするようお願いします。
感染防止の為、ゴミは可能な限り持ち帰っていただきます

ヒリゾ浜ではライフセイバーを設置し海水浴の安全を見守ります
ヒリゾ浜では利用者や従業員の安心と安全を最優先させます

風の予報 WINDY

水上バイクなど進入禁止願いたいエリア

安全で楽しい場となるよう
このエリアの水道部分で、他地区から来て海水浴エリア外の航路で泳ぐ方や停滞する方が多く見られます。このエリアは海水浴エリアと航路が混在している為、現在このエリアには夏季期間(7/1~9/30)は進入禁止願うよう今後関係機関にご協力をお願いしていきます。またサップ・カヤックなど水路付近に停滞し、遊泳する方も見られますので同様に夏季期間は安全のため進入禁止願います

詳しくはこちらの水上バイクなどへのお願いの記事へ

水上バイクへのお願いの協力
中木区
ヒリゾ浜渡し組合
中木マリンセンター
伊豆クルーズ
南伊豆漁協青年部

ABOUTこの記事をかいた人

伊豆半島の最南端、中木、ヒリゾ浜渡し船『殿羽根丸』の船長で漁師です『中木へ行こうよ!』で海況や観光情報を発信してます。